札幌市里親研修・トレーニング等

  • 未委託里親さんへの研修・トレーニング
  • レベルアップ研修
  • 更新研修・専門里親更新研修
  • ステップアップ研修
  • フォスタリングチェンジ・プログラム

フォスタリングチェンジ・プログラム

 フォスタリングチェンジとは、1999年イギリスのモーズレイ病院の専門家チームにより開発された、アタッチメント理論、社会的学習理論、認知行動理論に基づいた里親養育に特化したトレーニングプログラムです。

 プログラムは週1回3時間のグループセッションを12回(約3か月)継続して行われ、対象者は実際に里子さんが委託されている里親6名~12名までを1グループとし、最低2名のファシリテーターがグループを担当します。

 実際のセッションは、1つのテーマについて、時間をかけてグループ内で話し合います。例えば「褒める」という課題を例にすると、参加者はこれまでの褒められた経験や価値感・捉え方などを理解することから始まります。実体験を通した話し合いの中でテーマを深めた上で、里子さんをどう褒めるか、個々の里子さんにとって何がご褒美になるのかを考えていくことに時間をかけます。セッションの大半はこのように里親さんの自身の気づきや理解の為に多くの時間を費やし、ファシリテーターが専門家として里親さんへ指導または“答えを与える”のではなく、“里親が課題を見つめ、考える”ためのプログラムです。

 そのため、各セッションはメンバーとファシリテーターが協働する時間となります。あたたかい雰囲気の中で行われるグループは、葛藤を共有できる場であり、挑戦や失敗を認め合う場であり、共に里親養育を行う仲間が集まる場へと変化していきます。

セッション内容

セッション1 グループを創設し、子どもの行動を理解し記録する
セッション2 行動への影響:先行する出来事および結果
セッション3 効果的に褒める
セッション4 肯定的な注目
セッション5 子どもの学習を支援する
セッション6 ご褒美およびご褒美表
セッション7 指示を与えることおよび選択的無視
セッション8 ポジティブ・ディシプリン(肯定的なしつけ)および限界の設定
セッション9 タイムアウトおよび問題解決方略
セッション10 エンディングおよび総括
セッション11 肯定的変化を認め、自分自身をケアする
セッション12 コミュニケーション・スキルを使い、子どもが自分の感情を 調整できるように支援する

第1回 実施内容

実施期間 2018年9月21日~12月21日(毎週金曜日) 10時~13時

参加里親 6名 

第2回 実施内容

実施期間 2019年9月13日~11月29日(毎週金曜日) 10時~13時

参加里親 6名 

 セッション7開催時には、このフォスタリングチェンジプログラムを日本に導入された上鹿渡(かみかど)和宏先生が来園し、セッションを見学していただいたのち、スーパーバイズを受けました。

    これまで参加された方の感想をご紹介します

    A里親さん

    質問者の写真
    和歌山に住んでいる里親の友人に「フォスタリング・チェンジプログラムを受けてとても勉強になったから、機会があったらぜひ受けてみて」と言われて1年半。本当に受ける機会が巡ってきました。絶対参加して学びたい!!との思いで参加させていただきました。今までいろんな研修を受けてきた中で、このフォスタリングは一番身近で具体的に取り組めて、そして結果を得る事のできる研修でした。実際に問題行動の多かった里子との関係性が良くなり、養育がとてもスムーズになっていきました。他の里親さんにもぜひ学んで欲しいです。参加できた事、取り組んでくださった先生たちに本当に感謝です。

    B里親さん

    里子との関係がギクシャクして、ずっと悩んでいましたが、この研修に出て、自分の対応が間違っていたことを知り、今まで本当はわかっているけど逃げていたことが宿題に出されて取り組まなければならなくなり…それらの積み重ねの中で里子が心を開き始め、私自身も里子の生意気な態度も前よりおおらかにみられるようになってきました。本当にこの研修に参加できたことを感謝しています。

    C里親さん

    「講義を受ける」という形の研修ではなく、毎回グループワークやロールプレイを行い、家庭でも課題に取り組み、その結果(経過)を次の研修で話し合いながら進んでいるので難しさもありますが、ただ本を読んで知識を得るような学びではなく、実際に子どもとのやり取りの中で、学んだことを実践でき、その経過も振り返ってアドバイスをして頂けるので、助かります。今まで気になりながらも何となくで通していた疑問や子どもの困った行動を理解することに役立っています。自分自身の振り返りや反省にもつながり、学んでいたことを実践するたびに、子どもの笑顔が増えていて嬉しいです。私自身も前向きな気持ちになることが出来るように感じます。

    D里親さん

    フォスタリングチェンジでは発達の段階からセッション事に学びますがその中でのアテンディングでは効果的な褒め方を学び、少ない時間でも寄り添い、褒めることによって里子の表情が日に日に変わっていくことを実感し、また、悩んでいた問題行動が実は自分の関わり方によって何かしらの報酬を与えてしまっていたことに気づかされました。フォスタリングチェンジを受けるようになり、何かしらの問題行動が起きても、この行動の意味は?など考える余裕もでき、里子の成長も良い意味でたくさん感じることが出来、一緒に受講しているみなさんの里子の変化も楽しみの一つとなりました。

    【参考】
    私たちの実践報告が載っています。
    「SOS子どもの村JAPAN「フォスタリングチェンジ・プログラム 2018年度実践報告」 特定非営利活動法人 SOS子どもの村JAPAN、2019
    https://fields.canpan.info/report/detail/22318

    【参考文献】
    Karen Bachmann et al :(2017) FOSTERING CHANGE. British Association for Adoption and Fostering This translation.(上鹿渡和宏監訳[2017]フォスタリングチェンジ 子どもとの関係を改善し問題行動に対応する里親トレーニングプログラム 」福村出版)

    前のページに戻る