札幌市里親研修・トレーニング等

  • 未委託里親さんへの研修・トレーニング
  • レベルアップ研修
  • 更新研修・専門里親更新研修/ステップアップ研修
  • ステップアップ研修
  • フォスタリングチェンジ・プログラム

更新研修・専門里親更新研修

 里親制度は、里親登録を行ってから養育里親は5年、専門的な配慮が必要な児童を養育する専門里親は2年と、登録更新制度があります。この研修は、里親登録を更新するために出席が求められている研修です。

研修内容 2019年8月30日(金) 10:00~14:40 
講師:子どもの虹情報研修センター研究部長 増沢高 氏

児童福祉制度 札幌市児童相談所の里親担当職員より、近年の児童福祉制度について大きな変更点である里親養育における体罰の禁止についての説明が行われました。
発達心理学 講師の豊富な経験や研究を踏まえながら、正常な心身の発達に関する学習から、子どもの苦手な部分をどうサポートし良い部分を伸ばしていくか、そのためには子どもそれぞれの背景に合わせた関わりが必要であることの理解に繋がる時間となりました。
里親養育演習 子どもを見立てる技術に関する演習が行われました。見立ての技術の習得を通して、心理・社会・身体と様々な視点から総合して見立てることで、子どもの言動の背景にあるニーズを適切に把握するスキル習得に繋がりました。
事例検討
(専門里親のみ)
参加里親の中から2名、委託中の里子さんの事例についてお話を頂き、講師よりスーパーバイズを受けました。2ケースを通して、様々な障害のある里子さんを養育する上での適切な関係機関との連携の在り方、問題行動の多い中高生への里子さんに対しての適切な理解と対応について学ぶ場となりました。

 里子が委託解除になった際の里親さんの感情は様々である為、気持ちの整理の時期に寄り添える関係を目指しています。そのため、ステップアップ研修の始まりは個別的な関わりを行っています。その際、児童相談所里親担当職員や他施設の里親支援専門相談員など各関係機関と協働することで重層的な支援になることを目指しています。

主に委託解除に伴う里子への喪失体験など気持ちの整理をサポートしながら講義・研修や養育実習に取り組む時期等を里親さんと共に一緒に考えていきます。その上で、里親さんの希望に応じて個別やグループなどで行う講義や研修、養育実習などを通して、再委託に向けてのサポート体制や社会的資源なども検討しながら、再委託への環境を整えるサポートをしていきたいと思っています。

前のページに戻る